カテゴリ:トルコ( 6 )

旅の出来事*1

私のエネルギーチャージのもとは、旅。

旅を通して、ネットや本では得られない情報や知恵が備わり豊かな経験となるのではないかと思う。
知識は勉強して詰め込めば手にはいるが、経験をしてこそ、それが身となりその人の教養となるのだとある本に書いてあった。
ということで、自分投資の意味も含めてちょくちょく旅に出ています。

今回お申し込み頂いた新規の方から、「旅のブログをいつも楽しみしています。」とのメールが多く
沢山写真も撮ってるにも拘わらず、それらをUPしないでお蔵入りさせるのは勿体ない気がいたしましたので、時間があれば今までの旅の事をUPして行きたいと思っています。

好奇心が人一倍旺盛なので、本当に色々あるんですわ~。^^

先ずはトルコ。
2年前に行ったと思っていたら、訪れたのは去年でしたー@@
まだ一年も経ってなかった!(驚)

トルコといえは、ベリーダンス !

c0125464_1331167.gif


去年は大きなホールで有名なベリーダンサーの踊りを観ることができました。
サスガに素晴らしくこれが本物のベリーダンスかと、感動ものでした。

実は私、20年前にも一度、ベリーダンスをイスタンブールで観たことがあるんです。

その時は夫とトルコでたまたま知り合って仲良くなった気の弱そうなバックパッカーの若者と一緒に行ったのでした。
そこは地球の歩き方に載ってあったベリーダンスを食事しながら楽しめるというレストラン。

そこにいたベリーダンサー達は、いずれもぽっこりお腹の年増の方々・・・イメージしてたのとは大違い !

そうこうしていると、角煮まんのようななお腹を出したダンサーが踊りながら私たちのテーブルに来て、バックパッカーのお兄ちゃんにすり寄ってチップを要求し始めた。

夫はヤバイと思ったのか酔って寝たふり(笑)・・・ターゲットをお兄ちゃんに絞った角煮まん腹のベリーダンサーは執拗に胸、お腹、お尻をぶつけてお兄ちゃんを攻撃。
それに耐えきれず、渋々財布を取り出すバックパッカーのお兄ちゃん。
小銭を角煮まんダンサーの胸の谷間にそっと差し込んだんですが、それに満足がいかないダンサー。
ますます攻撃が激しくなり、もう観てても、それが踊りなんだか、喝あげなんだか分かんなくなってきたー(汗)
激しく腰を振り、衣装の鈴をジャラジャラ鳴らしながら体当たりする角煮まんダンサー。
肉弾攻撃に追い詰められたお兄ちゃん。
とうとう一千万トルコリラをその角煮まんじゅうのお腹と衣装のスカートの間に挟んだのでしたー(>_<) ひゃ~っ。

その後、角煮まんダンサーは満足げな勝利の踊りを披露し、お礼のつもりなのか大きなお尻でお兄ちゃんに最後の一撃を加え去って行ったのですが、その拍子で彼は椅子から転がり落ちそうになっていて見てて可哀想でした~。

まぁ、その頃はデフレが酷く、一千万トルコリラといっても日本円で800円程度なんですけどね。

あの青年は、はたしてあれから本物のベリーダンスを観ることが出来たのかしら?
そうでなければ彼には、「ベリーダンサー= 喝あげ」という構図が出来ているに違いない・・・。

去年、本当の素晴らしいベリーダンスを観て、やっとベリーダンスの素晴らしさを認識出来た私でした。
by herb314 | 2012-04-06 15:51 | トルコ

熱中症にご用心*

暑い国の子ども達は、熱中症になりにくいらしい。。。

人間のカラダはその土地の気候に適応し、暑い国、寒い国それぞれそこの環境に適応できる身体になるということ。

暑いところに住む人たちの場合、皮膚のすぐ下の血管が広がり、熱の放出をし易くして同時に、水分を失わないように、汗の量が少なくなる・・・ うむうむ。

トルコでも炎天下の中、帽子をかぶってる人など見かけなかったし、子ども達は超元気☆


c0125464_7255148.jpg


c0125464_7322322.jpg


c0125464_7332773.jpg


さて、先日の出来事。

次女が学校の行事の際に熱中症になった。

夜に熱が39.9分までぐんぐんあがり、どうしたものかと熱中症についてネットで検索していたら、大学の内科の先生Oさんから丁度メールが届いた。

レッスンの件でのメールでしたが、娘の状況を報告して指示を仰ぐと、「すぐに救急車をよんで病院に行くように」との事。←熱中症の高熱は、侮れないらしい。
 

ひゃ~~~、思わず 「救急車って、何番でしたっけ?」と私。
娘に「救急車来るから」と伝えると、初救急車に娘、テンションUP↑ (熱がある割りには、結構元気な娘)
救急車が到着すると、走り出て行きました。
救急車の方が、「えっ?アナタが患者さん?」と驚く始末。。。(汗) スミマセン
病院に到着し、ひたすら点滴。。。

血液検査の結果、異常なしということでほっと一息。
緊張がほぐれたのか、だんだん眠たくなってきた私。
明日もレッスン入ってるし~・・・・。

ドラマの様に、娘のベッドにうつぶせて寝てみる。。。う~ん、この体勢きついし、眠れな~い。
色々と色んな体勢をとってみるが、なかなかいい睡眠がとれそうなポジションが見つからず。

結局、点滴中の娘を横にずらして、ベッドに割り込み熟睡ZZZZzzzzzzzz

「トントン・・・」

あ゛~っ、先生が部屋入ってきたーーーーーーーーーーーーーーーっ!!! きゃーーーーーっ。

なんとも、バツが悪いというか。。。(汗)

娘が一言、「お母さんってこらえ性がないよね。」 ガーーーン。

もとはといえば、アナタが自分の部屋の冷房をガンガン効かせてるから、身体が夏の日差しに適応できない身体になってるんでしょーが ! 

今日も暑くなりそうです。
皆様、くれぐれも熱中症にご用心。

今日レッスンにお越しになる皆様も、気をつけてお越し下さいませ~。

O先生、お世話になりました☆
by herb314 | 2011-07-16 08:26 | トルコ
c0125464_1611569.jpg


ここは、まるで異次元の世界に迷い込んだような、宇宙からのエネルギーがあふれているような・・・不思議な場所。

トルコのアヤソフィア。
キリスト教とイスラム教 の両文化を包含する博物館として、モザイク文化都市イスタンブールを代表する建築物。
パワースポットとしても有名な世界文化遺産でもあります。

周囲の40もの窓からさす光で、ドーム全体が浮いているように見えるために、ビザンティンの人々は、ドームは天から黄金の鎖でつるされていると信じていたらしい。


c0125464_21445448.jpg


c0125464_21453056.jpg


c0125464_21461670.jpg


パワーチャージ(「気」がUP)した状態で撮った写真は、いつもとはなんだか違うように感じるのは、私だけ?

c0125464_21493863.jpg


アヤソフィアの周辺も空気が違うというか、とっても清々しい気分。

すごく歩き回って疲れているはずなのに、全く疲れも感じず。。。
う~ん、パワースポット恐るべし~☆
by herb314 | 2011-07-05 21:52 | トルコ

キョフテにハマる*

イスタンブールの公園では、休日になるとたくさんの人々が簡易式コンロを片手に、友人や家族と共にBBQを楽しみにやってくる。
日本人がピクニックに行ってお弁当を広げて食べる感覚で、トルコではBBQ。
大きな公園では、あちらこちらからモクモクとお肉の焼けるイイ匂いが漂い、なんだかこっちも幸せな気分に♪
焼いているのは、大抵は薄切りのラム肉かキョフテという肉団子。
このキョフテという肉団子が、とにかく美味しい。

今回もやはりこのキョフテの美味しさにハマってしまい、このロカンタにはトルコを離れる最終日にもキョフテを食べに出掛け、危うく飛行機に乗り遅れそうに・・・(汗) キャ~

c0125464_2235440.jpg


ヨーグルトにつけて食べると、さらに美味し☆

c0125464_2244054.jpg


うす~い生地のトルコのピタパン。
おじさんが石窯で焼くとプックリと膨れてその薄さにビックリ !

c0125464_22122542.jpg


  *

ところで、うちの庭には煉瓦で作ったBBQコンロがあるのですが、子どもが小さい頃はよくやっていたBBQも最近めっきり。。。
トルコで美味しそうな幸せBBQ風景を目の当たりにして、日本に帰ったらBBQをしようと心に決めておりました。
主人がホスト役の今週末の我が家のPartyは牛肉のキョフテを焼いて、ちょっとおしゃれなターキッシュBBQを企画中。
みんな喜んでくれるといいな~♪

さて、さて、7月のレッスンでもキョフテを作りますよ~。 ←簡単にオーブンで・・・
参加予定の皆様、お楽しみに^^
by herb314 | 2011-07-03 22:09 | トルコ

宮殿ホテルのParty*

宮殿料理をリサーチすべく、イスタンブールの宮殿ホテルでおこなわれたPartyに行ってまいりました。

c0125464_18463969.jpg


かつてオスマントルコ帝国のスルタンの宮殿として建てられたチュラーンパレスホテル。 

トルコ宮殿ホテルのバイキング料理。
どんなお料理なのかと鼻息も荒くカメラを向けると、どどどどど~っと人の群れ。
よく見る暇もなく(もちろん味わう暇も。。。)これらの料理は、あっと言う間になくなっちゃいました~
デザートしか写ってないし・・・(涙)

c0125464_0505114.jpg


[これは、写真を撮ってる場合じゃないと別の場所に移動。
無事食料にありつく。
優雅なはずのパーティー料理なのに、人が多すぎてなんだか夏祭りの屋台の立ち食いの様。。。ビミョ~(汗)

c0125464_23583361.jpg


ここでもまたまた色んな出会いがあり、楽しい~♪

ホテルのラウンジもまたスタイリッシュでかっこよかった。

c0125464_0265862.jpg


「このホテルに泊まってたの~」と、言いたいところですが、12時にはすごすごとダウンタウンのホテルへ戻っていったのでした。←まるでシンデレラのように・・・あ、違うか。
by herb314 | 2011-07-03 00:40 | トルコ
ベルリンからビューンとひとっ飛び、イスタンブールに到着。
イスタンブール、20年振り~。

c0125464_1758490.jpg


トルコ料理は世界3大料理のひとつ。
感動の美味しさでありました。
ラッキーな事にとても美味しいロカンタ(大衆レストラン)ET-iSに出会う。

c0125464_1911913.jpg


そして、そして、厨房に入って料理を教えてもらう事に成功☆
 
実は、日本のフードジャーナリストという事にしてみました←こうやってブログで紹介するので嘘ではないですよね?(笑)
一眼レフをぶら下げていたら大抵のトルコ人は「そうか!」と、めちゃくちゃ待遇を良くしてくれるのですよ。フフフ・・・

c0125464_1814410.jpg


このシェフのお料理、ホントに美味しかった☆ 
実は、トルコの雑誌にも載っている有名ロカンタシェフらしい。

c0125464_18372794.jpg

このシェフもずっとニコニコ顔で、いい人だったな~。
c0125464_1847147.jpg

外のテラスで頂きま~す。
c0125464_18532434.jpg

いや~、大満足♪
食に関しては鼻が効くというか、私には食に関しての出逢いの神様がついてるに違いないと思う今日この頃。。。

こうやって、食べ歩き遊びほうけている間にあっという間に6月も終わり。
6月のレッスン出来なかったな~。

7月のレッスンの日程調整中です。
習ったばかりのトルコ料理か先月行った香港の夏の薬膳料理か悩み中。。。

会員の皆様、今暫くお待ち下さいませ~。
by herb314 | 2011-06-29 19:06 | トルコ

お料理と旅ブログ★                


by herb314
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28