カテゴリ:アイスランド( 5 )

グトルフォスとは、アイルランド語で、「黄金の滝」の意味。
陽の光を受けた滝が黄金に輝くことから、この名前がつけられたらしい。
この日の滝も、虹が架かり、キラキラと輝いてましたー!

c0125464_13321831.jpg


氷河から流れ出た大量の水が、もの凄い勢いで谷へと飲み込まれていきます。

c0125464_13344698.jpg


先端の方まで歩いてみた。

c0125464_13354628.jpg


水しぶきでずぶ濡れになりながらも、なんだか浄化された気分。
滝ってパワースポットですね。

c0125464_13392779.jpg


さて、次ぎに向かったのはシンクヴェトリル国立公園。
シンクヴェトリルは、地球規模の自然現象を目の当たりに出来る場所です。

通常数千メートルの深い海底にある海嶺が、地表に乗り上げているのだとか。
地球の割れ目と言われるギャウは、プレートの引っ張り合いから出来る裂け目。

c0125464_1345915.jpg


川を挟んで、手前が北アメリカプレート、白い家が建っている奥側がユーラシアプレート。
このふたつのプレートは、1~3センチほど毎年広がっているらしい。

c0125464_13535820.jpg


地球の裂け目ギャウを歩いてみる。

c0125464_134672.jpg


そういえば、2010年4月と5月にアイスランドで火山が噴火し、火山灰の影響で欧州の空港が閉鎖されるという事態が起こりましたね。
アイスランドは、火山大国でもあり地熱発電の国でもあります。
主要エネルギーの65・7%を地熱でまかなうとのこと。
バスからも地熱発電のパイプが張り巡らされている所をあちらコチラで見ることができました。

c0125464_14282659.jpg


日本もそろそろ脱原発をして、火山大国を生かした地熱発電にシフトして欲しいと、アイスランドに行ってますます強く思った次第です。
by herb314 | 2013-07-15 14:44 | アイスランド
折角アイスランドまで来たのだから、観光しなくっちゃと、街の観光案内所に行ってみる。
氷河湖やフィヨルドを巡るツアー・ホエールウォッチングー・トレッキング・乗馬・世界遺産の島でバードウォッチングなどなど、とにかくいろんなアクティビティーが充実している。
秋から春にかけては、オーロラ鑑賞も出来るという。
世界平和度指数ランキングが世界第1位(2013年)の治安の良さも相まって、アイスランドは観光大国なのです。

さて、人の良さそうな観光案内所のお兄ちゃんと相談した結果、一番人気のゴールデンサークルのツアーをブッキング。
出発しまーす!

ツアーバスに乗り、街を抜けると、いかにもザ・アイスランドという風景が・・ずーっと続きます。

c0125464_18575053.jpg


たまに馬やら・・・

c0125464_18593946.jpg


羊やらが、チラホラ登場しますが、

c0125464_19144.jpg


あまりにも同じような風景なので、睡魔が襲ってきてグースカ熟睡。
ノルウェー出身のガイドのお姉ちゃん、私が寝てる間もずーっとしゃべり倒していたみたい。
たまに英語の単語を忘れて、焦っている姿に好感が持てました。

寝ている間に、「ゲイシール」という間欠泉に到着。
なんだかグツグツと、水がポコポコ動いてる。

c0125464_19273895.jpg


しばらく、待っているといきなり水が盛り上がってきて噴き上がったー!
5分から10分に一度の間隔で噴き上がるらしい。
温泉が噴き上がる間欠泉、楽しい~♪
スマホでご覧の方は、写真を何度かタップして下さい。
また、ずーっと見ていると、目がチカチカするので、見たら適当にスルーしてくださいね。

c0125464_18542693.gif


地球の活発な活動を体感しようと、間欠泉にはギャラリーが噴水を待っています。

c0125464_1995455.jpg


地面から湯気がモクモクと上がっていて、長崎の雲仙地獄を思い出しました。

c0125464_1912428.jpg


トイレ休憩に立ち寄ったレストランのラムスープが、凄く美味しくてビックリ@@
五臓六腑に染み渡るというか、寒さで参っていたので、ラムスープを飲んでエネルギーチャージ。
ゴールデンサークルまだ続きます。
by herb314 | 2013-07-14 19:23 | アイスランド
実は、アイスランドについて現地に着くまで、何の情報もリサーチしていなかった私。
天候や体調によって色々とやりたいことを自分で決められるのが気ままな旅の良いところ。
アイスランドの空港に着いてすぐに、観光パンフレットを入手。
向かった先は、「ブルーラグーン」←温泉です。
空港のすぐ近くにあり、スーツケースも預かってくれるとのこと。
空港内にあるバスのカウンターで、空港→ブルーラグーン→レイキャビックのホテルまでのチケットを購入。

長旅の疲れは、やはり温泉で取るのが一番 !
ひゃっほーい、温泉♪温泉♪ テンションUP↑

ゴツゴツした溶岩台地を空港からバスで約20分程走ると、突如青い乳白色の温泉が出現。

c0125464_1637177.jpg


バスの駐車場でスーツケースを預け、溶岩に囲まれた細い坂道をひたすら登り世界最大の野外温泉ブルーラグーンに到着。
受付で順番を待つ間、韓国人の友人ボングンとインサンにばったり遭遇。 
ひゃ~、ビックリ~ッ@@
彼らはとても温泉好きで、ドイツや韓国、日本で一緒に温泉を楽しんだ間柄。
先に受け付けを済ませた韓国人の友人たち。
じゃ、温泉の中でまた会おうね~♪と、なんだかアイスランドじゃないみたい(笑)

着替えを済ませ、イザ温泉へGo~!
と、その前にしっかりと洗顔・洗髪・カラダの隅々までキレイに洗います。
シャワールームには、特に入念に洗う箇所をイラストにして張り出していて、ちょっと笑える。

世界最大の露天風呂というだけあって、広~い !
そして、キレイ !
と、その瞬間、目にとまったおじさんのビキニ姿???
よく見たら、胸毛でした。
遠くから見たら、絶対ビキニだよ~。

c0125464_16362787.jpg


温泉の沈殿物の白い泥は豊富なミネラルを含んでいて肌に良いらしい、泥の入った壺が数カ所に設置されている。
みんな、思い思いに色んな所に塗りつけていて、ちょっと異様~。
私たちも早速、顔や体に塗り付けてみる。
白い泥がボングンの目に入り、かなり痛そう・・・。
温泉なのだけど、塩分もかなり含まれているみたい。

c0125464_173324.jpg


喉が渇いたなぁ~と、思っていたらドリンクコーナーが温泉の中にありました。
ビールくださーい !
アルコールは三杯まで。
リストバンドで会計が出来ます。

c0125464_176764.jpg


まさに、天国~♪
みんな楽しそう^^

c0125464_178867.jpg


午前中から夕方まで、ランチ以外はずっと温泉三昧。
すっかりふやけてきたので、レイキャビックのホテルに移動です。
by herb314 | 2013-07-14 17:18 | アイスランド
「アイスランドでは何か美味しいものを食べましたか?」
良く聞かれる質問です。。。

私の食べた限りでは、アイスランドの味付けは、しょっぱい(塩辛い)か甘いかに分かれていて、薄味の私には残念ながら、どうも喉に通らない食事が多かった。
現在、クジラの捕鯨国は、日本・ノルウェー・アイスランドということで、最近では、お醤油とわさびをプレートにトッピングしたクジラの赤身のお刺身なんていうのもありました。
アイスランドでは、昔からのクジラの調理法は、クジラの冷燻なのだそうですが、これがまた塩辛いのなんの。><
パフィンという色鮮やかなオウムに似た鳥の冷燻も、同じく塩辛い。

最後の日に、もうアイスランド料理はうんざり~と、思わず飛び込んだタイ料理店は、どのお料理も甘くてビックリ>< もう、お砂糖の味しかしないよ~(涙)

そんな中、美味しい食べ物を見つけました~(^^)/
クリントン大統領も愛したホットドッグ???
アイスランド滞在中にクリントン大統領が、何度も足繁く通ったというホットドッグスタンド。

c0125464_175711.jpg


中途半端な時間でしたが、短い列が出来てました。
注文を聞いたお兄さんが、もの凄い早さでホットドッグを作っていきます。
その間約5秒。。。

c0125464_1815014.jpg


「いただきまーす!」

c0125464_1825670.jpg


ソーセージには、甘めの自家製ソースがかかっていて、ソーセージの下にはサクサクのオニオンチップと生たまねぎ。
これがまた、しっとりしたパンにとても合っていて、ほんとに美味しい !
うちでも今度真似してみよ~っと。

お腹も満足したので、海辺を散歩。
ホエールウォッチングの看板発見。

c0125464_18524759.jpg


ここから乗船するみたい。
ホエールウォッチング、寒そうであまり興味なし。

c0125464_1857853.jpg


漁業国なので、海辺にはレストランもたくさん。

c0125464_18593913.jpg


カラフルな貸し自転車屋さん。

c0125464_1903973.jpg


ペットボトルのゴミ箱もオサレ~

c0125464_1921658.jpg


歩いていると、至る所に意味深な銅像に出逢います。
勝手に吹き出しをつけてみた。

c0125464_1994554.jpg


一体彼は、何をやらかしたんでしょうね???

c0125464_1943534.jpg


それにしても、寒い国ほどカラフルな色を好むのかなぁ~と、歩いていて思いました。
冬になると、一日中暗くてどんよりとしている国なので、せめて建物の色を明るくして気分を明るくしようといったところでしょうか。

その点、以前住んでいたベルリンは、旧東側の建物は全て灰色一色で暗くてどんよりしてたなぁ~。
ドイツ語のレッスンを受けに、旧東側の学校に行っていたのですが、冬は気が滅入ってました。

やっぱり、色って大事なのですね~。
by herb314 | 2013-07-12 19:32 | アイスランド

レイキャビック街歩き

北の果てアイスランド。(アイランドではないですよ~)
地図でいうイギリスの左上、北極圏に接するちいさな島国。
首都のレイキャビックの町並み。

c0125464_18145258.jpg


カラフルな町並みは上から見ると、まるでミニチュアのおもちゃの家みたい。
とてもこじんまりとした街でした。

c0125464_23454139.jpg


寒くて、寒くて脳みそがシャーベット状に凍ってしまうんじゃないかと、あわてて毛糸の帽子を購入。
アタマから顔まですっぽりと被り、首にはマフラー、ヒートテックの二枚重ねにダウンジャケットという怪しげないでたちで過ごしたアイスランドの寒い夏。
帰国してみると長崎は、すっかり夏真っ盛りで、暑っ !

今回の旅は、北欧や中央ヨーロッパなど気づいたら5ヶ国を回ってきました。
旅での色んな出逢いをボチボチと綴っていきたいと思います。

 *

さて最初は、カワイイポップなレイキャビックの街歩きから。

レイキャビックの町並みの写真を写したのは、この八ットルグリムス教会の上から。

c0125464_221831.jpg


教会の中は、こんな感じ。

c0125464_2232327.jpg


神父さんが、いきなり大きなパイプオルガンを弾き始めました。

c0125464_2252625.jpg


ここのパイプオルガン、とても立派でした。 キレイな音~♪
暫し耳を傾け、また街歩き。

アートな家だなぁ~。

c0125464_22112456.jpg


家の窓枠の色が全部違う。。。こんな発想って私には、なかったなぁ~。

c0125464_22402288.jpg


壁もキャンパス。

c0125464_22182570.jpg


道端のベンチの上にオブジェがくっついてる~。

c0125464_2221813.jpg


トイレもオシャレ~。

c0125464_22235936.jpg


ちょっと疲れたので、カフェでひと休み。

c0125464_22272682.jpg


自家焙煎のとても美味しいコーヒーでした。
思わず二日連続で行ってしまいました。

c0125464_22284740.jpg


レイキャビック街歩き楽し~っ♪
まだ続きまーす!
by herb314 | 2013-07-11 22:32 | アイスランド

お料理と旅ブログ★                


by herb314
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30