ペトラへ

すっかり忘れてしまいそうなので、ヨルダン旅行記の続きです。。。

まだうす暗い早朝5時に、アンマンからマイクロバスに乗り込み、最初の目的地ペトラへと向かう。
砂漠に昇る朝日が、とてもキレイで感動 !

c0125464_1643163.jpg


走ること約3時間。
岩肌に書かれた Welcome to Petra の文字。
やっと到着~

c0125464_16454865.jpg


映画『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』の舞台となったペトラ。
アラビアを起源とする遊牧民族ナバテア人によって栄えたヨルダンの世界遺産。
ビドウィンの若者が颯爽と馬で駆け抜けて行く姿は、なんだか映画のワンシーンのよう。

c0125464_18364585.jpg


砂岩をくり抜いて造られた遺跡群に到達するには、断崖絶壁に囲まれた「シク」と呼ばれる一本道を通らねばならない。
頭上に迫る断崖の高さは約60〜100mですが道幅は狭く、人ひとりが通るのがやっとのところも。

両側には、まるで瑪瑙(めのう)と見間違うばかりの美しいピンク色の岩肌が、何層にもなって延々と続いている。

c0125464_1714532.jpg


こんな砂漠のど真ん中に3万人もの人々が暮らしていたとは、にわかには信じがたい話ですが、岩壁に残る水路跡や見張り兵が立っていたと思われる跡もあり、感慨深気に写真を撮っていると、馬車が通り過ぎて行った。 絵になるわ~

c0125464_1723597.jpg


1キロぐらい歩くと、シクの出口に到達。
突然光が差し込み、岩と岩の裂け目から徐々に姿を現す神殿のような建造物が。

c0125464_17393318.jpg


インディ・ジョーンズでは、聖杯の隠された場所として登場する、 エルカズネ(宝物殿)。
エルカズネは ナバテア人の偉大な王の墳墓として 1 世紀初頭に造られたもので、いにしえの人々の高度な技術をうかがうことができる。

c0125464_18245394.jpg


さらに奧へ進むと、円形劇場をはじめとするローマ遺跡が現れ、列柱通りの右手には王家の墓と呼ばれる岩窟墳墓群が建ち並び壮観な眺め。

c0125464_18254020.jpg


ペトラの宮殿で見かけたネコ。
そんじょそこらの野良ネコとは、やはり風格が違うというか、気品がある・・・ような気がする?

c0125464_17514913.jpg


正面の丘から見渡す景色は雄大で、谷がバラ色に染まる夕暮れ時はひときわ美しく感動的らしい。
今回は、現地ツアー旅行なので、そそくさと、ガイドさんが待つ場所へと引き返す。

しかし、さすがアラブのツアー旅行。
時間通り、待ち合わせ場所に集まっていたのは、私たちのみ><
30分以上経って、他の皆さんは、ノロノロと集まってきたし、バスのドライバーは、ヨルダンの交通パトロールの検問所で、ドライバーズライセンスを忘れて取りに戻るというアクシデントも・・・やれやれ。
[PR]
by herb314 | 2013-02-07 16:47 | ヨルダン

お料理と旅ブログ★                


by herb314
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30